So-net無料ブログ作成
検索選択

Little Joe(4) [テックスメックス]

LittleJoeATributeToSunny2.jpg

今回取り上げるのはLittle Joe。
昨年(08年)に発表されたSonny Ozunaへのトリビュートアルバムです。
Little Joeはその前年(07年)には、Freddy Fenderへのトリビュートアルバムでグラミー賞を授賞しています。
前々回取り上げた、弟のJohnny Hernamdezのアルバムも、古いロックンロールブルースのカバー集だったことを見れば、07年から08年にかけての、Little Joe周辺の懐古的な傾向の背景には、過去の自分たちの音楽バックボーンの確認という、かなり強い意志があったのではと思われます。
Little Joeの発売・権利関係は、相変わらずややこしくて、今回のSunny Ozunaへのトリビュートは、ラ・ファミリアエンタープライズの制作、TDIからの発売で、販売はサンアントニオのCE distoributors。
このなかで、サイトが明示されてるのはCE distoributorsです。
http://www.cemusicalatina.com/Artists/Little%20Joe/Pg-LittleJoe.htm
リストに、このアルバムはありませんでしたね。
僕は、昨年、アマゾンから来た新譜案内のメールで知りました。
さてこの"A Tribute To Sunny Ozuna"は、冒頭にSunnyへの思いが語られ、最後に、Sunnyへの感謝で終わる、というLittle Joeの熱い思いに満ち溢れたアルバムです。
収録曲はぜんぶで10曲、Sunny Ozunaの英語による一連のヒット曲は、"Talk to Me", "Golly Gee","Put Me in Jail", "Rags to richesの4曲が収録されているが、スペイン語の曲も6曲収録され、そのうち3曲は、Sunnyの作曲となっています。あと2曲はJose alfred Jimenezの曲、もう1曲はFerrusquillaという人の作品。
こういう企画は凡庸で新鮮さに欠ける失敗に陥りかねないけど、Little Joeは彼一流の手法によって見事にそれを回避しています。
Sunnyへの思いがサウンドの細部にまで行き渡り、みごとなオルケスタサウンドになっています。
サックスとトランペットを要したオルケスタサウンドは昔のまま。
さらにいくつかの曲で、ストリングス、電子楽器、デジタル録音の透明感がゴージャスなムードを演出しています。
これらの曲はすべてサンアントニオのスタジオで録音したので、ミックスはサンアントニオかダラスのスタジオ。こんなところにも、なんとなく彼のこだわりが感じられます。
驚異的なパワーでいまも活躍を続けるLittle Joe。
彼のパワーを改めて認識させられたアルバム、といってよいかもしれません。








nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Little Joe y La Familia and Texas Tornedosのお知らせ [テックスメックス]

ご無沙汰しております。

突然ですが、Little Joe y La Familia and Texas Tornedos のライブがあるそうです。

ニューメキシコ、アルバカーキ近辺のカジノホテル、ルート66です。

サイトは以下のとおり。

http://www.rt66casino.com/node/620

次回からは、もっときちんとしたレビュー書きます。

長い間休んでしまい、申し訳ありません。



メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。