So-net無料ブログ作成
検索選択

Little Joe とChicano Movement(3) [テックスメックス]

 前回はデラノのストライキを中心にチカーノ運動について紹介してみました。前回の補足になりますが、興味深いのは、この事件のなかにある種の「共感」が働いていることでしょう。

 メキシコ系の労働運動家Cesar ChavezとNFWAは、(移民である)フィリピン系労働者のストライキに共鳴し、アイルランドからの移民の子孫であるRobert Kennedyは、いちはやくCesar ChavezとNFWAの行動に賛意を示しました。ここからは故郷を失った人々や故あって故郷をさった人々どうしの「共感」が伺えます。それは、例えば、オクラホマからカリフォルニアへ移住する農民一家を主人公にした、スタインベックの小説『怒りの葡萄』(ここでも葡萄が登場する)にアイルランド系の映画監督、John Fordが共感し、映画化を実現し、オクラホマ出身のフォーク・シンガー、Woody Guthrieがこの映画に共感して"Dust Bowl Ballads"で数々の名曲を作ったこととも同じ性質のものだと思います。

 デラノのストライキを契機として、いくつかの動きがありました。例えばブラックパンサーからの影響を受けて、メキシコ系の高校生を中心に先鋭的な政治集団「ブラウンベレー」が結成され、また、テキサスでは、1967年に結成された人権団体、MAYO(the Mexican American Youth Organization)を母体として、1970年メキシコ系住民の待遇改善を進める人権団体、RUP(Raza Unida Party)が結成されました。RUPは、とくにテキサス南部に影響力をもったということです。

http://brownberets.info/
http://en.wikipedia.org/wiki/Brown_Berets
http://www.tshaonline.org/handbook/online/articles/RR/war1.html
http://members.tripod.com/~larazaunida/hist.htm
http://en.wikipedia.org/wiki/Raza_Unida_Party


 以下、無断転載ですが、youtubeにあったLittle Joeの映像へのコメントから。日本で例えるなら、「労音」を回っていた、というようなことでしょう。多分下の文にあるLa RazaはRUPのことであり、彼らが運営したのが、Labor Camp Dance Hallのことを示すのでしょう。

http://jp.youtube.com/watch?v=BOXkv81S24E

"Tejano Legend Souls at their best . Thanks for posting . Brown and proud . Sinton,Tejas . In his youth Little Joe use to come to play at the Labor Camp Dance Hall in Sinton,Tejas and he has always been for La Raza and our proud culture and is a very humble human person ."

 以上はほんの一部ですが、チカーノの組織力やネットワークの構築力を感じさせるできごとです。もちろん、当時の若い音楽家たちが、なんらかのかたちで(例えば営業面でも)RUPのような組織やネットワークの影響下にあったのは上記の文面からも明らかでしょう。

 1960年代カリフォルニアにおける労働問題に端を発したチカーノ運動は、労働者の待遇改善という問題意識からやがてメキシコ系住民の人権問題に発展し、学生運動や芸術家の表現にかかわる運動への展開も示しました。

 ロックのフィールドにもサンタナをはじめとする「ラテン・ロック」が台頭した、ということになります。

 おおまかにいってカリフォルニア北部、サンフランシスコ周辺で1960年代後半に登場したサンタナたちと、ロスアンジェルス周辺のイーストLAの音楽家たち、1959年に亡くなったRichie Valensをはじめとし、1960年代に活躍したThee Midnightes,近年ではLos Lobos という名前を挙げることができます。

http://jp.youtube.com/watch?v=gMOBBho_Y3I
http://jp.youtube.com/watch?v=Wq3gUqqQTCE
http://jp.youtube.com/watch?v=fMOySSWPRN0

 彼らに共通する特徴は、サンフランシスコ、ロスアンジェルスという音楽の巨大産業が展開されている都市で活動していた、ということと、日常生活はともかくとして、積極的にアングロアメリカンの社会にとけ込み、音楽ビジネスの中枢に入り込むチャンスがあった、ということでしょう。
 
 Richie Valensの"La Bamba"ほかごく一部を例外として、ほとんどのアーティスト、グループが英語の曲を歌っていました。L.A.ロカビリーのスターに、明らかにメキシコ系と思われるシンガーもいましたが、勿論彼らも英語で歌っていたのでしょう。

 西海岸の音楽家が、本格的にスペイン語で自己主張しはじめたのは、ずっとあとになって、いわゆるChicano Rapくらいからじゃないでしょうか。

http://jp.youtube.com/watch?v=5lbdMjJyRn4

ここで描かれているローライダーなどの風俗(あとズートスーツ)は1950年代からあり、メキシコの詩人、オクタビオ・パスは、『孤独の迷路』のなかで、もっともメキシコの本質を体現しているのはロスアンジェルスのパチューコだ、と指摘していました。

 さて、こうした社会状況、音楽状況のもと、Little Joeは1960年代後半から70年代にかけて、精力的に音楽活動を展開します。




 

 
 















 

 




 
 

 


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Little Joe とChicano Movement(2) [テックスメックス]

今回は前回に引き続きチカーノ運動を取り上げてみます。

まず最初は、メキシコ移民の歴史の展望から。

 米国におけるメキシコからの移民の歴史は古く、1845年〜1854年の米西戦争、1846年〜1848年の米墨戦争にまでさかのぼることができる。しかし米墨両国の領土画定以降では、20世紀初頭、米国経済の急成長に伴う農業や建築、鉄道敷設などにおける労働力の必要から、そしてメキシコ革命(1909年)以後の政情不安などの理由から、メキシコからの移民(=チカーノ)流入が急増した。

 その後、大恐慌などの影響で移民の数は減少傾向を示すが、第2次世界大戦中は、再び増加傾向を示した。1942年に米国政府が戦時労働力を確保するための政策、「ブラセロ計画」を実施、その結果として、メキシコからの短期労働力確保が計られたからである。

 ブラセロはスペイン語で雇用者を意味し、当初は1947年に終了するはずだったが、農園経営者などからの要請により1951年まで継続、そして1952年には「第2次ブラセロ計画」が実施され、結局1964年に終了(Wikipedia;外国人労働者、では1965年となっている)。この間、約500万人のメキシコ人労働者が米国に流入し、総計2億ドルが故国に送金された、といわれている(『エスニック・アメリカ』(有斐閣、初版)、167頁)。

 米国政府指導による大量のメキシコ人労働者流入は、労働予備軍(不就労者)の発生、賃金の改善停滞などの問題を生み、彼らを貧困と差別的状況に追い込んだ、との指摘もされている。また産業構造の変化により、農村部から都市部にメキシコ人労働者が流入し、都市のバリオが形成され、都市における恒常的な失業問題が顕在化していった。

 おおよそ以上の通りですが、Little Joe のバイオグラフィーに当てはめてみると、こうした移民の動向とかなり一致していることがよくわかります。彼の父、Salvador "La Cotorra" Hernandezが、ブラセロ計画にのって米国に移り住むようになったかどうかは定かではありませんが、当時の時流にのって彼が米国に移り、綿花農場や鉄道敷設などの労働に従事したのは明らかでしょう。

 その息子であるLittle Joeも、10代の若いころは綿花畑で綿摘みに従事していた、ということになります。

 このような状況のもと、ヒスパニック系労働者の待遇改善を求めて展開されたのがChicano Movementということになります。

 この運動の概要を理解するためには、Cesar Chavez(1927-1993)の動向に注目したいと思います。

 彼はメキシコ人農業労働者のための組合を組織し、それを全米的な規模に拡大し、労働運動にダイナミズムを持たせた人物であり、現在でも全米で最も偉大な人権運動家のひとりといわれています。

 本筋からははずれますが、Cesar Chavezに関連する労働運動のポスターをご紹介しましょう。1968年、カーネギーホールで開催された、カリフォルニアの葡萄園労働者へのベネフィットコンサートです。米国のジャズやロックのファンにはおなじみのイラストレーターで、日本のイラストレーターたちにも大きな影響を与えたPaul Davisによるもの。

http://www.americaslibrary.gov/aa/chavez/aa_chavez_peace_1_e.html

 彼のことを紹介した映像は以下のとおり。

http://jp.youtube.com/watch?v=e7GCCBIgFaQ

 Little Joeは、1993年のManuel Penaのインタビューで、彼に興味をもったことや、彼に会ったことに触れています("Musica Tejana",p.166)。

 Cesar Chavezのバイオグラフィーは以下のとおり。

http://en.wikipedia.org/wiki/Cesar_Chavez
http://clnet.ucla.edu/research/chavez/bio/

 Cesar Chavezは1942年(15歳)ころから綿摘みの仕事に従事し、1952年からはラテン系労働者の権利を守るための組織、CSO(Community Service Organization)を組織し、その後、Dolores HuertaらとともにNFWA(National Farm Worker Association、後のUFW(United Faemers )を結成した。

 1965年9月8日、カリフォルニア州デラノ(ロスアンジェルの北西にある小都市)の葡萄園におけるフィリピン系労働者が待遇改善を求めストライキを敢行したとき、彼らを支持し支援したのがCesar Chavezを中心とするUFWだった。半年後Cesar ChavezとNFWAは、(ストライキの発端となった)デラノから州都であるサクラメントまでの葡萄園労働者の行進を実行し、カリフォルニア全域のヒスパニック系葡萄園労働者のストライキを実現した。NFWAは葡萄園労働者のストライキをサポートするために、全米市民に、食用の葡萄(テーブルグレープ)をボイコットするよう求めた。このストライキは5年の歳月に及び、全米の注目を浴びた。Robert KennedyはCesar Chavezの支持を表明した(その後の米国民主党とメキシコ系労働者組織との関係は今日にまで及んでいる)。この事件は、結局労働者側の勝利に終った。米国ではじめて農業労働者が労働争議において勝利を収めた事件として歴史に刻まれることとなった。

 以上が歴史的事件であるデラノのストライキの概要であり、この事件が米国に住むメキシコ系住民に多くの勇気を与えた事は容易に想像できると思います。

 次回は、チカーノ運動当時の音楽状況などについて触れてみることにしましょう。

Little Joe と Chicano Movement [テックスメックス]

ご無沙汰しております。


 今回は60年代後半から70年代にかけてのLittle Joeの動向を軽く展望し、その後チカーノ運動に触れてみようと思います。

 60年代、Orquestaの新しい世代として評価の高まっていったLittle Joeですが、同時に願いかなわなかったメインストリームへの憧憬も持ち続けていたようです。そして60年代後半、米国はRock Music ,Soul Musicの台頭、さらにはBlack PowerやStudent Power、Chicano Powerなど、ラジカルな市民運動の隆盛も顕著になり、それらのいくつかは、さまざまなかたちで彼に影響していきました。

 以下、彼の動向をフォローしてみると。

 1967年に古い友人、Tony "Ham"Guerreroを迎えバンドのパワーアップを図った。それは、もちろん全米ヒットを狙うための補強であり、そうしてできたアルバムが、"Arriba"だった(筆者未聴)。
 Little Joeは1968年、自身のレーベルを立ち上げ、スペイン語の録音はBuena Suerte、英語の録音はGood Luckとし、さらに後年3番目のレーベル、Leona Recordを加えた。バンドとしては、Latinairesを解消し、新たにLa Familiaを結成。

 このLatinairesからLa Familiaへの変化について、彼は以下のように語っている。
 「…60年代後半、ベイエリア、サンフランシスコ周辺で演奏しているころ、次第に"Latinismo"が気になり始めた。それは、まさに60年代後半から70年代初めの間で、"Santana"が登場し、彼らに続き、多くのグループがベイエリア周辺から登場していった。その頃、"Latinismo"、"cultura"を意識し始めた。スペイン語で話す事がかっこいい(Hip),と思うようになり、それから何かが起こり始めたんだ。そして変化することが必要だ、と気づいたんだ、Latinairesから、もっと家族的な、ルーツ的なものに近づくような変化が」(MusicaTejana,165-166.)

 この発言からは(回想ということを差し引いても)、当時の社会精神ともいえるルーツ回帰志向も伝わってくるが、同時に、(サンタナのような)ベイエリアのメキシコ系ミュージシャンのメインストリームへの登場に対するジレンマも感じられる。

 こうして、彼らの70年代の活動が始まるわけですが、具体的な動向は次回以降で触れるとして、ここで、1960年代、米国西海岸を中心に展開された、チカーノ運動(Chicano movement)について触れてみようと思います。 

 この運動は、Little Joeが活躍した時代に多大な影響を与えており、(ずいぶん間があいてしまいましたが)前回からの続きとしてお読み頂ければ幸いです。
 
 1960年代のLittle Joeの動向を展望していて無視できないのが、チカーノ(Chicano)ということば。

 とりあえずウイキペディアで調べてみると。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%8E

 語源について、明確な説は決定できない模様ですが、いろいろあるようです。

「チワワのメヒカーノ」(米国在住の、現チワワ州出身のメキシコ人商人のこと)から「チカーノ」になった、という説は、音の響きだけからだと説得力がありますね。

 ルーベン・サラサールによれば「チカーノとは、自分自身にアングロサクソンのイメージを持たないメキシコ系アメリカ人」(1970年の定義)となり、またマルコス・サンチェス・トラキリノは「昨今、チカーノという語の意味が拡散していく現状を踏まえて、彼は新たに「USメキシカン」という言葉を使うことを提唱してる。この言葉は、「メキシコ系」で「アメリカ在住」である人になら誰にでも含まれる、チカーノの最も広い意味と合致する言葉である。」(以上はウイキペディアからの引用)

 ついでにチカーノ運動で検索かけるとチカーノ・ナショナリズムという項目に遭遇。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%8E%E3%83%BB%E3%83%8A%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0

という訳で、次回からは、チカーノ運動へ。

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。